スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

サングラス?

ダブルオーグラスギア

OOグラスギア


ライダーのためのアイウェアをリリースしているダブルオーグラスギアから、度付きレンズ対応のモーターサイクル専用サングラスが登場した。


sanngurasu.png

【 商品概要 】
■セット内容
フレーム本体・RX-SWAP(ブラックスワップ・クリアースワップ各1)ポリカボネイトUV付きレンズ・メガネクロス・全てのレンズを収納可能専用ケース

■価格
セット価格(税込み)8,400円


[ お問い合わせ ]
ダブルオーグラスギア
 
スポンサーサイト

全日本ロードレース第6戦

第6戦SUGO J-GP3 決勝


遅くなりましたが、もうすぐ地元九州のオートポリスで第7戦が開催されるので、事前情報として・・・。



長島哲太、独走で今季2勝目!

GP3.png


ポールポジションの長島哲太がスタートダッシュ。2番手の山田誓己もそれに続く。3番手には仲城英幸が上がり、森俊也が4番手でレースがスタートした。


レース序盤は、長島の直後に迫る山田がトップを奪う場面も見られたが、6周目くらいから山田が少しずつ離されていく。3位争いを展開していた仲城と森だったが、森が遅れると代わって後方から追い上げてきた山本剛大と仲城、そしてペースの上がらない山田を加えた3台の2位争いに変わった。その間、長島は34秒台のペースで後続を離し独走状態を築いていく。


0826gp3_01.jpg


結局、長島が独走で今季2勝目を挙げた。2位争いは、終盤に山本がシケインでスリップダウンし、その間に山田が仲城を僅かに引き離して2位チェッカー。3位には仲城が入った。ランキングトップは仲城が逆転。徳留 真紀は6位となり、仲城と3ポイント差の2位となった。

 

全日本ロードレース第6戦SUGO J-GP2 決勝


野左根航太、逃げのレースで独走初優勝!

20120826_03.jpg


予選2番手の中本郡がスタートダッシュ、続いてポールポジションの野左根航太、渡辺一樹、浦本 修充のオーダーでレースが始まった。レース序盤は順位の入れ替わる激しい展開。まずは渡辺が3周目にトップに立つと翌周には高橋英倫が2番手に上がり、カワサキの1-2。後方からは生形秀之、岩田悟も順位を上げ、トップ集団は縦に長く7台で形成され、激しい順位争いが続く。


中盤、生形、野左根、浦本、岩田、渡辺の5台がやや抜け出し、激しく順位を入れ替える。しかし、13周目、岩田がハイポイントで転倒、これを機にトップ集団の様子が変化。トップにいた野左根は15周目に31秒780のファステストラップを記録すると、その後もペースを緩めずに2番手の浦本を引き離していく。

0825_gp2_03.jpg


結局、野左根が2位の浦本に5秒以上の大差で優勝を飾り、ランキング争いでもトップに躍り出た。2位は開幕以来の表彰台で浦本、久々の表彰台となる3位に入った生形はきっちりとポイントを重ね、ランキング2位につけている。

 

全日本ロードレース第6戦SUGO JSB1000 決勝


加賀山就臣が全日本復帰後初優勝!

20120826_04.jpg

シグナルの故障から、スタートがディレイとなり、1周減算の24周で決勝が争われたJSB1000クラス。


加賀山就臣がホールショットを奪い、中須賀克行、秋吉耕祐、高橋巧、柳川明、山口辰也と続く。秋吉はオープニングラップでトップに立ち、レース序盤は中須賀との一騎打ちとなっていた。


そこに加賀山が追いつき、レース中盤はトップグループは3台になった。しかし16周目の馬の背コーナーで、トップにいた秋吉がコースオフ、戦線から離脱してしまう。


0826jsb02.jpg



一騎打ちとなったトップ争いは、18周目にトップに立った加賀山が中須賀を押さえきり、最後は中須賀に約2秒の差を付け優勝を決めた。中須賀は2位。3位は単独走行となっていた柳川。


 秋吉は4位でチェッカーを受けた。山口が5位。高橋は13周目にマシントラブルでスローダウンしていたが、ピットインしてレースに復帰、トップから1周遅れの17位でゴールした。


 

朝の散歩

やっと行けました。

TS3S0163_convert_20120826211324.jpg

駅前で3台にて出発です。


TS3S0168_convert_20120826211729.jpg

途中合流で4台で国見へと登りました。



頂上で見つけたナカナカ良いカスタムマシンを一台紹介。


TS3S0164_convert_20120826211356--.jpg

TS3S0165_convert_20120826211450.jpg

TS3S0166_convert_20120826211520.jpg

TS3S0167_convert_20120826211547.jpg


撮影と掲載許可は頂いたのですが、詳細は聞かずじまいで・・・

気になる方は朝から国見へ登ると会えるかもしれませんね。


で、私は・・・でかいRや、慣れた所はそれなりですが、小さいRやFブレーキがまだまだで・・・
練習しなきゃ!とつくづく思い知らされました(泣)

怪我は、変なギャップ等がなければ痛まない(コレは怪我してなくても痛い)し、右コーナーで使いづらい以外は問題無い・・・
やっぱりビビってるんだなぁと痛感。

数こなすか!練習有るのみ!!


P101002811.jpg
このころが懐かしい・・・・
 

朝の散歩

少々ムキになってる感はあるが(笑)

明日の朝、走ろうかと考えてます。

TS3S0052_convert_20120728133430.jpg


朝7時に佐世保駅前ロータリー出発

街中抜けて国見へ

休憩後Uターン

ダム横を通り三川内へ

後は流れ解散で。


TS3S0017_convert_20120613223736.jpg



散歩なんで軽い感じで・・・

のんびり風を感じて走りましょう、オーバースピードは無で。



で、また雨かなぁ・・・
 

『QWEST』にグラフィックモデル“PRESTIGE”


SHOEIのフルフェイスのスタンダードモデル『QWEST』にグラフィックモデル“PRESTIGE”(プレステージ)が追加になった。

20120824_news_11.jpg


20120824_news_12.jpg


静粛性と軽量、そしてライダーの感性を刺激するフォルムをまとい、ストリートからロングツーリングまで、あらゆるマシン、ライディングシーンにマッチする、プレミアム・フルフェイスのスタンダードモデル「QWEST」に、グラフィックモデル“PRESTIGE”(プレステージ)がラインナップ。
2012年9月発売予定。

【QWEST PRESTIGE】(プレステージ)

■価格/44,100円(税込)
■規格/JIS規格
■サイズ/S(55cm)、M(57cm)、L(59cm)、XL(61cm)
◆カラー/TC-2(BLACK/BLUE)
◆構造/AIM(AIM:Advanced Integrated Matrix) 強靱なガラス繊維を基に、あらかじめ3次元形状とした有機繊維を複合積層化。高い剛性を確保しながらも軽量化を可能とした、SHOEI独自のシェル構造。
◆付属品/布袋、ブレスガード゙、チンカーテン、メンテナンスキット、CW-1 PINLOCK® fog-free sheet

 

Wow!イタリア機でワークス2年だ!!』

『公認:ドヴィツィオーゾ2014年までドゥカティ』

gpone-dovi.jpg


『ドゥカティ&ドヴィツィオーゾ、ついに公表』

★ガブリエーレ・デル・トルキオ(ドゥカティCEO)コメント
「今回のドヴィツィオーゾ選手との合意は、当社がレースに対し…つまり、ドゥカティのDNAと伝統における積極的かつ戦略的な一面を第一義に考えていると言う現れであります。
モトGPに挑むべく最大限の尽力を再確認しつつ、深い喜びと共にアンドレアを歓迎いたします。
先日、既に協力関係に再合意を果したニッキー・ヘイデンと共に、開発計画を押し進め、競争力およびリザルト、そして達成感が得られるであろうことを確信し、当社の努力に、また、パートナー、スポンサーおよびファンの皆様方からの変わりなき信頼に報いれることでしょう。」

★フィリッポ・プレツィオージ(ドゥカティコルセ・ゼネラル・マネージャー)
「テクニカルな感性やテストライダーとしての素質は天性のもの…そう言った面がその才能や迷いのなさ同様に、アンドレアの大きな価値を際立たせている。
チームに迎え入れ、彼の協力が得られると言うことは、当チームのモトGPプロジェクトを育て、開発していくにあたり今後の励みになってくれることだろう。」



ドゥカティでの苦労についてはですね、先日、この選手がしみじみ語ってました…
ドゥカティの最初の犠牲者と言われている、この人…


『メランドリ:ロッシの苦労で信憑性が得られた』

Brno_Race2_low.jpg

★マルコ・メランドリが『Gazzetta dello Sport』紙にコメント
「苦労してるヴァレンティーノを見て喜んだりはしないが、あの当時、僕が正しかったことは証明された。速く走れていたし、開発指示を出すための的確な手応えもあったのに、話を聞いてもらえなかった。ヴァレンティーノが苦労してることで信憑性が得られたね。」

★アンドレア・ドヴィツイォーゾ選手に向けて
「アンドレアにとっては唯一可能な選択だったでしょ。僕が見立てが間違ってくれれば良いんだけど、バラ色のスタートにはならないよ。ドゥカティは研究にも開発にも、ロッシに投資したように金は出さないだろうから。」

maruco.png

結局マルコやヴァレンティーノ等の選手に無くて、たまたまストーナーがDucati向きの『何か・・・』を持ってた事に助けられた、その事に気付かないから『ドツボ』に嵌まる訳ですな。

DUCATI好きだが、GPのDUCATIの姿勢はちょっと・・・・ライダー頑張れ!だね
 

ストーナーの怪我は

今回のストーナーは素晴らしかった!!

あの怪我で、完走、しかも4位入賞とは驚いた。

あの怪我とは・・・画像では分かりずらいが

A02cv4BCIAA469R.jpg

足首や踵のうっ血が凄い、別角度では腫れ上がってる脚にブーツの跡がのこっていた。

今回はコース的に負担が少なかったが次戦は負担が掛かるコース、回復出来るか・・・。


おまけで次戦の欠場が決まったヘイデン選手のけがは・・・

A0xTVyJCEAMamT7.jpg


パンパンですな、これは痛そうだ。


GPを盛り上げるためにも両名の早期回復を祈りましょう!
 

KTM moto3 レーサー

KTMジャパンは、日本初となるロードレース専用のレーシングマシンの受注販売を開始!

20120822_news_31.jpg

グランプリMOTO3 レーサー M32 の
ベース車両を限定受注開始


今期デビューするや否や大活躍し、第11戦終了時点でランキングトップを走るKTMグランプリMOTO3レーサー(M32)。そのベース車両となるプロダクションレーサー(KTM Moto3 250 GPR)の正式発売に向け、受注を開始いたします。

オーストリアを本拠にエクストリームなモーターサイクルを製造するKTMは、今期のMOTO3で活躍しているグランプリレーサーのベース車両となるプロダクションレーサー(レース専用モデル)を日本の正規ディーラーを通して受注を開始いたしました。

KTM はReady To Race を掲げ、常にハイパフォーマンスなモーターサイクルを提供しておりますが、日本国内においてこのような純粋なロードレース専用のレーシングマシンを受注販売するのは全く初めてとなります。今回受注を開始したプロダクションレーサー(KTM Moto3 250 GPR)は、グランプリMOTO3で活躍するファクトリーレーサー(M32=Moto3 2012)、そして来期(2013年シーズン)に“Red Bull Rookies Cup”で使用される予定のレーシングマシンと基本的には同じものです。

KTM Moto3 250 GPRは、プロダクションレーサーとはいえ、MOTO3のレギュレーションに完全に準拠し、かつベースマシン以上の戦闘力を誇る、まさに“Ready To Race”なマシンとして作りこまれています。デリバリー時点でGET/Athena製の電子制御システム(燃調/点火タイミング/エンジンブレーキ/トラクションコントロール/ローンチコントロール/ピットレーンスピードリミッターなどがフルアジャスタブル)をはじめとする完全にレースに即応した心臓部を与えられているばかりか、2次減速比(スプロケット)やdBキラー(2次サイレンサー)等の部品が付属。OZ製鍛造削り出しアルミニウムホイール、ブレンボ製ダブルディスクファクトリーブレーキシステム、WP製ファクトリーサスペンションといった装備はKTMのファクトリーマシンM32と全く同じ構成。いわゆるベースマシンを購入して同等のスペックに仕上げるよりははるかに安価に、フルスペックのGPマシンが手に入るよう仕立て上げられています。シャシーもM32と同様、フォークアングルやスイングアームピボットを中心にジオメトリがフルアジャスタブル。エンジンをさらにチューニングを進め、14,000rpmにレブリミットを高めるためのGPスペックキットはオプションで用意されています。

受注は9/30日までの限定となり、どなた様でもご購入が可能です。車両の実際のデリバリーは2013年2月ころを予定。是非お近くのKTM正規ディーラーまでお問い合わせください。

■ KTM Moto3 250 GPR (Production Racer 2013)
■価格/525万円(税込)


[ お問い合わせ ]
KTM JAPAN 株式会社
TEL/03-3527-8885


 

インディGP

ちょっと面白い記事でしたので・・・

『インディアナポリスGPこぼれ話』
pr00.jpg



★先の見えないファウスト・グレジーニ
本人談「(同チームの状況は)はっきりしない。予算がないから、現在、どの選手とも交渉してない。」
グレジーニは厳しい状況下で、アンドレア・イアンノーネ、カル・クラッチロー、アルヴァロ・バウティスタと話はしているが、時間が経つ程に優良ライダーとの契約は難しくなる。

★グレジーニのバウティスタ評
「良いライダーだが、ライディングスタイルは多分ヤマハ向き。強いブレーキングで、バンクも深い。しかし、RC213V機と言うのは機敏に立て直していかなければならないマシン。」
今シーズン、バウティスタ選手は転倒過多で、交換パーツだけで既に80万ユーロ(約8千万円)かかっている。

★テック3のエルヴェー・ポンシャラルマネージャーはクラッチローが辞めた場合、ポル・エスパルガロを入れたがっているが、同選手は2013年もシト・ポンスとモト2クラスで契約済。
今回、予選でPPを獲得後のエスパルガロ談
「ポンスチームで調子いい。変える理由は見当たらないように思う。」

★アンドレア・イアンノーネがドゥカティと仮契約を済ませた。9月中旬まで、あと2回テストをする予定で、それで相思相愛となれば2年の本契約となり、そうなれば2013年はジュニア・チームで、2014年にはワークス昇格の可能性もあり。

★ドゥカティのムジェッロ・テスト(アンドレア・イアンノーネ、スコット・レディング、ダニーロ・ペトルッチによる)では、最速タイムはペトルッチで、レディングとは0.7秒差、イアンノーネとは1.5秒差だったと言う情報が流出している。

★インディアナポリスの町中を走るオートバイの70%はハーレーダヴィッドソン。同機種による前座レースではPPが1分54秒984。ちなみにモト3クラスの予選最後尾リッカルド・モレッティが1分52秒791。

★インディアナポリス・サーキットのあらゆる出入り口の監視員は、オートバイファンの年金受給者らが務めている。全員、親切でにこやか、ヨーロッパとは別世界。

★インディアナ州ではオートバイ乗用の際にはヘルメット着用は義務化されておらず、自転車には義務化されている。

★ヴァレンティーノ・ロッシ意味深コメント
「2010年の最終戦、ヤマハ機を駆ってロレンソ、ストーナーの次…3位でゴールした。その2日後のテストで、ドゥカティ機では16位だった。」

[日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Moto.it 2012年08月20日記事より抜粋]

imagesCA6U0CV0.jpg



★3クラスで表彰台に上がった9名中6名がスペイン人ライダー。
(管理人注:ちなみに残り3名はアンドレア・ドヴィツィオーゾ(伊)、サンドロ・コルテセ(独)、ジョナス・フォルガー(独))

★今回のインディアナポリス戦ではエクトル・バルベラへの救急処置は素人以下、アスファルトはダートトラック向き、マーシャルは周回遅れのスティーブ・ラップに青旗さえ満足に出せず…。ちなみに、オートバイ世界選手権の開催は2014年まで。

★ファーストローからスタートしたアンドレア・イアンノーネは、結局、フロントに問題発生で9位ゴール。

★バルベラ代役のトニ・エリアスはCRT機に混じって11位ゴール。ホルヘ・ロレンソとの共通点は国籍と、タイヤ選択のミスのみ。

★シモーネ・コルシは第1ラップ21位から、最終ラップでは8位にまで追い上げると言う…オーバーテイク三昧。

★スティーブ・ラップは40才にて最高峰デビュー。また、アメリカ人ライダーでは最高峰クラスへの最高齢参戦。

[日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Gpone 2012年08月20日記事より抜粋]




え〜と、あとは…

『エリソン:ショートカットで処罰』

★インディアナポリスGP決勝レースリザルトでジェームズ・エリソンが14位から15位への降格処分となった。

★エリソン選手はギアトラブルによるスリップで決勝レース中も度々コースアウトしていたのだが、それがショートカットと見なされた模様。

★エリソン選手が第10ラップで出した最速ラップタイムが、ラップ選手よりも0.3秒遅かったため、同選手の所属チーム(アタック・パフォーマンス)が抗議し、受諾された。

[日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事: 2012年08月21日記事より抜粋]
 

9月23日 霧島行く?

私の元に届いたメッセージにあったのですが、次回9月23日をもって

『霧バイ』こと霧島バイクミーティングが最終回を迎えます。

有意義なミーティングなので続けて欲しいのですが、やはり場所の問題が・・・。

と、いう事で、最後くらいは行ってみようかと考えています。

参加台数がソコソコ集まれば連絡を入れようと思いますので、希望の方はご連絡下さい。



※ 開催時間は8時~10時ですのでこちらの出発は朝と言うより夜出発になります・・・
  そこで、要望があれば一泊も視野に入れても良いかなと考えておりますが、いかがでしょう。


2012top7_convert_20120819122843.jpg

最新画像は・・・

228579_407685869295040_1171026333_n_convert_20120819150504.jpg
すげ~・・・


詳しくは→ 『霧島バイクミーティング

 

朝の散歩

またもや雨です・・・

imagesCA7YGESN.jpg


これはヤッパリ私が『雨男』なんでしょうか??


残念ですが、今週はお休みします。


不定期で行います『朝の散歩』次回また連絡致します。

 

日曜、朝のお散歩

さて、随分と朝晩は涼しくなってきたが日中は暑くてタマラン!!

と、いう事で・・・朝走りますよ~

不定期 『朝の散歩』に出かけます(笑)


佐世保駅前ロータリーから朝7時出発

35号~国見峠(頂上休憩後Uターン)~三川内~流れ解散


TS3S0052_convert_20120728133430.jpg
目印はコレ↑


本当に散歩です、攻めません!

楽しく風を感じて帰るだけです、一緒に走る方は朝7時までに駅前ロータリーまで。
どなたでもお気軽に♪

 

ヴァレンティーノ・ロッシ コメント

『これで謙虚じゃなければバカでしょう』

mediaset-rossi-indi.jpg

ロッシ 生音声 
イタリアの『Moto.it』より、イタリア語なんで・・・、下が日本語訳です。

『この状況で…これほどネガティブな2シーズンを経た今、謙虚な姿勢がなかったら本当にバカでしょうね。自分の発言や考えに対し常に裏表なくやってるんですが、僕自身も、こんな2年間の後で、この先どうなるのか分かりません。現在の自分のレベルがどんなもんかって言うのは、僕にとってもサプライズでしょうね。
今、この段階で10個目のタイトルの話をするのは時期尚早でしょう…まず、自分にまだ操縦能力があるのか、まだ速いのか、表彰台争いやファーストロー争いができるのかどうかを見極めなければ。
新たな可能性が得られて嬉しいです。僕の参加でヤマハの手助けもできるだろうと思ってるけど、それと同時に、現段階での最強ライダーの1人と組むんだってことも承知してます。厳しいだろうけど、僕には戦える…楽しめるって思いながらレースに挑むことが重要なものですから。
2004年の時とは色々と変わりましたよね。現在、僕らがやってるスポーツでもマシンがもっと重要になっている…8年前に比べてね。このチャレンジに挑むにあたっては多くの要素がありました。
2004年にヤマハ入りした時、M1機と言うのはホンダ機に劣っていて…でも、僕はそれを乗りこなせた。反対にドゥカティ機ではただの1度も無理だった…思っていたようには行ってくれず、際立った走りはできませんでした。
ヤマハ入りした時は24才で、他の選手と競り合って、自分のピークにいたとも言えるでしょう。だから、劣ったマシンに乗っても勝つことができた。今や僕は33才で、けっこう長くやっている…これからは更に厳しいですよ…若くて強い選手が複数いるんだし。
僕は人生を2度送ったようなもんですよね…キャリア前半では5回連続タイトルを取って、僕の前ではたった2人しか成し遂げられなかった偉業ですよ。その後、2年連続負け続けて、また2回タイトルを取って。
これからは厳しいでしょうね…でも戦闘力のある、自分で楽しめるライダーでありたい。もしそうならば、またまだ長くやっていけるだろうけど、今後もせいぜい5〜6位争いしか…つまり、面白くもない順位でしか戦えないなら、何か別のことを始めますよ。今だって、その可能性は…。
(ロレンソ選手の立場だったら、復帰は受入れたか?)ロレンソ選手が僕に対し非常に立派な態度を取ってくれたことは言っておかなければ…僕の復帰を阻止するようなことは皆無でした。状況が少し違うとは言えるでしょうね…2008年に彼がヤマハ入りした時、僕はそこのNo.1だったわけで、まだまだ何年もそうしていられるだろうって思っていたし、M1機は僕と一緒に最低マシンから最高に変身したと思ってましたから。ホルヘはヤマハのためにそう言うことはしてなかったし…ただ、それができる力も、まだまだ勝っていける力も持っている。とにかく、彼の対応は非常にきちんとしたものでした。
(後任予定のドヴィツィオーゾ選手へアドバイスは)アドバイスはライダーよりドゥカティの方に必要でしょうね。コンピューターに出てきたことを100%信じるより、ライダーが言ってる事の方を信じた方が良いでしょう。』

[日本語翻訳:La Chirico ]

もっと詳しく読みたい方は→ ロッシ 全インタビュー
 

インディアナポリスGP定例会見

『ストーナー:ロッシがヤマハ?驚かない』

0518ks.jpg

★「(ロッシのヤマハ復帰に驚いたか?)いいえ、あんな2年間を過ごすのは厳しいんじゃないですか。ヴァレンティーノはまだ戦闘力があるかどうかを理解しなければならないだろうし、だからこそ、かつて速く走らせていたマシンを選んだのでしょ。来年、どうなるか興味深いでしょうね。奇妙な決定ではないですね。」

★「(先日、ロッシ選手はドゥカティで充分に努力していないと言うコメントをされたのが問題視されてますが)反論したいんですが、僕はインタビューはしてません。あれは、以前の僕のコメントを『切り貼り』しただけのものです。」

…しかし、『MCN』ともあろうサイトがそんな『切り貼り』作業までして…酷いですねぇ。
とりあえず、実際、今はどう思ってるか?と言う質問にはならなかったようですが、別の…なかなか面白い質問をされてまして…
例えば、ドゥカティに戻ろうと思ったことは?と聞かれ、
「ホンダで居心地良いし、他に移籍したいから辞めることにしたわけじゃない。」と。
で、またドゥカティに乗って、勝てるマシンにできるとは思わないか?と聞かれた時は、すっぱり『NO』の一言で否定してました。


さて、ツイッター会見実況中継では、もちろんロッシ選手のコメントもたっぷりとつぶやかれてたんですが…こちらは、ロッシ広報こと『Mediaset』の記事から抜いてみますか。


『ロッシ:ロレンソとの間に壁はなし』
mediaset-rossi-indi.jpg

★「この2年間、ドゥカティ機で戦闘力を得られず大変残念に思ってます。僕が見る限り、あらゆる角度から試し、非常に優秀な人達と作業をしてきたのだけど、上手くいかなかった。僕には楽しむこと…グランプリに向けてスタートした時、また喜びを感じることが必要なんです。」

★「(復帰にあたりヤマハ出した条件は?)何もないです。No.2として戻ります。以前はNo.1だったけど、もう昔の話。今や指標はロレンソ選手だし、彼と良いチームを築いていけると思い、そして願っている。どんなマシンかも、何ができるかも分かりません。」

★「(ヤマハでロレンソ選手との間に壁は?)できないですよ。時代が変わった。今や彼は最強、そしてライバル達の中で、ドゥカティでの僕の苦労に対しより理解を示してくれました。常に敬意を払ってくれ、変な見方もしなかったし…僕にとっては非常に重要なことです。高く評価してます。」

★「(ヤマハにスポンサーを連れて行く?)いいえ、どうしてそう言う話になったのか…スポンサーを連れて来るのは僕の役目じゃないし。もし現れてくれたら尚けっこうなことだけど、僕らが担当する問題じゃありません。」

★「(後任はドヴィツィオーゾ選手らしいですが、何かアドバイスは?)いいえ、ないでしょう。上手くいくことを願ってます。アドバイスするとしたらドヴィにじゃなく、ドゥカティにでしょうね。コンピューターの数字よりライダーの指示に従うようにと。」

★「(2年前、ドゥカティの問題点はストーナーがきちんと指示を出さなかったことと言っていたが)そうは言ってない。ドゥカティと僕にとっての問題は、ストーナー選手が速すぎたことだと言ったんです。」

[日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Mediaset.it 2012年08月16日記事より抜粋]

なんだか、”らしくないコメント”が出てますね、まぁ、本心はシーズン始まってからですかね。
 

雨でも安心?

先日、雨でツーリングが中止になった時、何気に発見した画像・・・

これなら雨でも安心かも!

しかも『SS』だしね(笑)
0149.jpg


でもさ、コレって、ニンジャの乗り味じゃ~ないよね・・・
 

ヴァレ、コメント(ツイート)出た!

YAMAHA入りが決定した(随分と前から分かっていたが・・・)がコメントが出ていなかったヴァレンティーノ・ロッシ。

やっと出ましたね、まぁツイートですが。



《ドゥカティ機で高い競争力を得られなかったのは、本当に本当にスゴい残念なことだった…僕にとっても(続)》

《僕と一緒に働いてきて、そして、最後の最後まで挑む気持ちでいるスタッフ達にとっても…非常に喜ばしいことになったんだろうけど。それに、僕らのファンの皆さんにとっても面白いことになったんだろうけどねぇ。残念だよ》

《とにかく、まだあと8レースあるわけだから、良いレースがいくつかできるよう皆で最大限の作業をしていくよ。じゃあね、みんな。インディから、また。》

コメントだけ抜き出したんですが、その後インディアナ戦に向けての最新コメント付きのがありましたんで、そこだけどうぞ。

181195_395553780507153_1424367739_n.jpg

『ロッシ:ドゥカティとのことは残念、でも今はコースの方に集中』

☆「この中休みの何日間かのおかげで将来に向けての重要な決定を下すことができたので、これからは残りのレースのことだけを考えていきたいです…今より良くなりたいんでね。レースウィークエンドの最中はコースでやるべきことに集中するのが肝心だから。」

☆「インディアナポリスは、ものスゴく得意なコースと言うわけじゃないけど、とにかく1回は勝ったことがあるんで。変なコースでね…オリジナルのコースとは逆に周るコースなんで…だから、コーナーの多くはR(半径)が特殊ですね。ちょっと油断できないコースなんだけど、でも、最善を尽くしたいと思ってます、それで良い結果を出して、楽しみたいですね。」

1-_1GG0781_554x370.jpg


『グアレスキ:へイデンのホームでレース』

☆「ここ何ヶ月かは皆にとって非常に濃い期間だったし…まぁ、色々とはっきりしたんでコースでの作業に集中できるわけで…このまま続けて、うちのマシンを成長させていくためにも…ヴァレとニッキーが右肩上がりでシーズンを終えられるようにね。」

☆「インディアナポリスは油断できないコース。かの有名な500マイルの窪地内部に作られていて…そのため、各種アスファルトが使われているんですよ…タイヤにとってはかなりのストレスになる状態ですね。ハードタイヤの…おそらく、今回用意されてくるタイヤの特性を活用できるようなセッティングを見つけられるかが重要になってきます。」

 

8月12日 サンセットロード

生月 サンセットロード
ちょっとしか撮影してないので軽編集版(音のみ)


[広告] VPS


 

8月12日・・・

雲仙ツーリングは中止になりましたが、やはり諦めきれない者もいる(笑)

10時より・・・と告知してみた所、やはり来ました!

ポツポツ雨は落ちていたが、雨具を持って出発!

分かっていましたが、降ってきました(泣)

TS3S0131_convert_20120813194800.jpg

早速雨具を着込みます・・・

TS3S0132_convert_20120813194823.jpg

エストレアなかなか良いですね!
ちなみに、カブはメンバーではありません(笑)

TS3S0133_convert_20120813194859-1.jpg

え~・・・目線隠してみました(笑)
まぁ、念の為~

TS3S0134_convert_20120813194927.jpg

江迎で雨具を着たのに、田平では天候が落ち着き始めてます。

折角着込んだのに、脱ぎたくはなかったが、どうも天候が急激に回復しているようで、
小休止して様子を見る事に。

TS3S0135_convert_20120813195005-1.jpg

談笑中・・・いゃ~目線は念の為だから(笑)

TS3S0137_convert_20120813195046.jpg

生月へ到着、当たり前のように晴れ渡ってます!

・・・あさの雨はなんだったんだ!!

TS3S0136_convert_20120813195025.jpg


TS3S0139_convert_20120813195110.jpg

そのまま大バエ灯台到着、あまりに多くバスの回転場に駐車(ゴメンナサイ)

この時、ちょっと嫌な予感はしてたんですが・・・

TS3S0140_convert_20120813195135-1.jpg

灯台見物・・・あ!!顔は油絵加工しときました!!

この後、嫌な予感が的中!
大バエ灯台にうじゃうじゃ居た『トライク』の集団が遅いこと遅いこと!!
40km出てたかな??って位で参りました。
私は『アレ』は否定はしませんが嫌いですから!!


TS3S0142_convert_20120813195155.jpg

そんなこんなで、疲れ果てて帰路につきました。

帰ったらそのまま『残念会!』突入です。


TS3S0143_convert_20120813195222-1.jpg

顔はお約束・・・なんだか卑猥ですが(笑)

『松茂』にて焼肉です♪

参加予定だった、計6名で残念会です。

TS3S0144_convert_20120813195252.jpg

旨そうですね(笑)

全員バイク等、乗り物での参加、もちろんノンアルコールです(気分だけ)

この店の店主が今回VTR1000Fで参加予定でしたので報告をかねて生月話で悔しがらせてやりました(笑)


次回は気持ち良く、みんなで行きたいですね!!
 

10時集合?

さて、本日のツーリングは中止としましたが、現在天気が若干持ち直しております。

そこで、生月一周の定番馴らしコースを回ろうかと考えております。

もし、このまま路面が乾けば10時に佐世保駅出発で生月へと向かいます。

ちゃんとした企画ではありませんので、集合確認等は行いません。

同行される方は10時までに佐世保駅前ロータリーに集合下さい。

路面が乾いた場合のみです、ご注意下さい。
 

本日のツーリング

thumb5.jpg


完全に雨天となりました。

慣れた方なら問題ないのでしょうが、初心者も少なからずいらっしゃったので、

残念ではありますが今回は中止とします。

そこで!!
夕方からの打上を残念会に変更しまして行いたいと思います。

初めての方は・・・
5時 パールシー集合! 残念会は『松茂』にて。
連絡お待ちしております。


次回、10月の頭辺りに計画をしております、今回の中止をうけて、目的地の変更なども
考えなければなりません、良い案がございましたらご連絡下さい。
 

12日 ツーリング

やばいくらい前線が入り込んでますね・・・

12081121.png

キレイに真上のラインが(笑)


明日の朝までにどう動くか、降水確率は上がってますが、実質的な降雨量は1mm程度時間も夕方からが濃厚、と予想されてます。

朝から路面が乾いていたら強行しても良いかと考えてますが、いかがなものか。



念の為雨具の準備もしておきますかね・・・・。
 

12日のツーリング

moto GPではやっと行き場の決まったヴァレンティーノくんの話題で持ちきりですが、

今、私はツーリングの天気情報集めで頭が一杯だぁ!

と、言うことで・・・天気が心配だが

12080918.png

12081021.png


これを見る限りでは持ちそうですね、最近の天気は気紛れなんで安心は出来ませんが。


本日の連絡で参加台数が12台(プラス車1台)となりました、当日参加もOKですのでまだ決定ではありませんが・・・
なかなかの大所帯になりました、そこで、昼食は取り決めをせず、気の合う方と自由に取って頂こうと思います。
昼食後に島原城集合、地獄を目指します。(結果全員が同じ所ってのも有りですが(笑))


念の為昼食用のリストは作成しております。







で、結局違う事してたりするんだろうなぁ・・・(笑)
 

車載カメラ

ツーリング動画
前回の動画を再アップします。

[広告] VPS


取り急ぎの編集無し版、大バエ灯台への往路。

そもそもカメラの取り付けが・・・

TS3S0194_convert_20120521062630.jpg

良く付いたもんだ(笑)
格安防水カメラはこんな時に便利だな、車体の振動を考えると、手振れ補正もまぁまぁだしな。
 

グローブ

バイク乗りが気にするツールにグローブがあります。

私もレースの時は良い物を探してました。
alpinestars-sp1-gloves.jpg

タイプ・カラー同じモノ、今でも保管して有ります、マークは脱落しましたがキレイだと思います。

しかし、街乗りにコイツはちょっとキツイ、夏場ともなればなおさらだ。

そこで今までは・・・

TS3S0127_convert_20120810222213.jpg

こんなグローブで走ってました!ただのショートグローブに見えるが
実はこれライディンググローブではありません!!

ライフル射撃等に使用するシューティンググローブです(笑)
使い勝手とフィット感は良かったが、掌がバイク向きではないので寿命が早かった。

そこで、夏場でもあるので『コスパ』優先で尚且つ良いと思われるモノを探して、今回はコレ!
TS3S0124_convert_20120810222244.jpg

コミネさんのメッシュグローブ!

TS3S0126_convert_20120810222329.jpg

ぐっ!!

TS3S0125_convert_20120810222311.jpg

パッ!!

フィット感は最高です、吸い付く感じがします。
恐らく指の側面が伸縮性のメッシュなのでそう感じるのでしょう。

ただ、購入時には注意が必要、私は通常Mサイズ、オークリーもアルパインスターもMです。
ついでに書くとヘルメットもOGKはSサイズ、アライはサイズが無く仕方なく最小の57cmを・・・。
こんな私がコミネさん!Lですよ!!
サイズが1サイズずれますのでご注意を!。
 

8月10日 ロッシ&ヤマハ公表

『ロッシ&ヤマハ日付を修正:明日、公式発表』

☆『La Gazzetta dello Sport』によれば、8月15日に予定されていたヴァレンティーノ・ロッシのヤマハ復帰についての公式発表が、8月10日(金)に繰り上げられた模様。

☆10日9時(※おそらく午前だと思います)、まずドゥカティより決別会見がなされ、その後、ヤマハから発表される模様。

☆7日(日)に『La Gazzetta dello Sport』により同ニュースがリークされたことを受け、ドゥカティ/ヤマハ両社では公表を早めることとした。

[日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:bikeracing.it 2012年08月09日記事より抜粋]

486608_340091562741532_1401854549_n.jpg

La Yamaha va di fretta Venerdì annuncia Rossi』
(ヤマハ急ぐ、金曜にロッシ発表)


記事自体は読めないんですが小見出しに《バージェスおよびスタッフ陣も共に移籍予定。ドヴィツィオーゾにドゥカティからオファー…》と言う文章も…

599498_338042936278593_60945355_n.jpg

こうなると、発表が『9時』ってイタリア時間なんですかねぇ…
そうそう、今さらながらの話なんですが、実は、8月7日にはこんな記事も出てたんですよ。



『ロッシ分身:ドゥカティにいながらにして既にヤマハにも』

☆8月7日午後5時頃(イタリア時間)、『Motociclismo』サイトにドゥカティ・スポークスマンによるものとされる下記コメントが引用掲載されたものの、その後、削除されている。
《関係は完全に絶たれ、両者にとっての敗北となりました。》

[日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Gpone 2012年08月07日記事より抜粋]



 

中古車情報

  信者求む!!といった感じでしょうか?(笑)

私の通うバイクショップに(望まずに)入荷してきました!

DUCATI モンスターS4 です。

TS3S0116_convert_20120808215801.jpg

なかなかに渋いグレー(ガンメタ?)のカラー
ちょっと見た感じではキレイです、タイヤの山も9部程は有るのではないでしょうか。

TS3S0115_convert_20120808215741.jpg

F・Rフェンダー、サイドカバーはカーボン製、ホイールはマルケジーニ(共に純正と思われる)
Fフォークはアジャスター付きで調整の幅があります。
クラッチレバーも軽かった(ポンプ交換済み?)

TS3S0118_convert_20120808215849.jpg

ベルトカバーもカーボン製、勿論ツインカム水冷エンジン!パワーありそうですね。
ノーマルカバーで判り辛いですがドゥカらしい乾式クラッチです。

TS3S0117_convert_20120808215824.jpg

走行も少ない、部品交換時期まではまだまだ走れそうです、この機会にドゥカティ信者になってみませんか(笑)

販売価格も 車検付き40万以下で!!とのことです。


※ 年式、実際の程度や修復歴など詳しく知りたい方はコメ欄にてお問い合わせ下さい、連絡先をお知らせします。
 

ツーリング

天気が少々気がかりです。

離れていますが台風の影響が出ていますね。

海水温が上昇し、気圧が低下していますので何時崩れるか・・・。

前日まではポツポツきそうですが、当日は今の所降水確率40%で、ギリギリ行けそうな雰囲気です。


行きたいですね。




 

ツーリング企画

再度アップします。


後僅かになりました、8月12日開催予定の雲仙ツーリング

天気が少々心配です、規定として40%~状況次第で中止もあります。
要望があれば雨天決行でも良いのですが、安全第一ですので。


今回は初参加も数名いらっしゃるので、近場で顔合わせツーリングの意味合いをもたせました。

TS3S0052_convert_20120728133430.jpg


さすがに無謀な運転をされる方はいらっしゃらないと思うので道徳関係は問題無いでしょう。
(一応、他車に迷惑は掛けないように・・・)

ルール・・・コレは多少必要かと、
マスツーリングになるので隊列は基本『チドリ』(画像参照)で、林道や峠道は一列縦隊で。

SANY0005_convert_20120521062244.jpg


『楽しい道』を知っている方を先頭に(笑)経験者が中央で、私が殿(しんがり)を・・・(撮影上の都合で時々動く恐れあり)
後は、道なりに臨機応変に楽しんで。



※ 信号厳守! 遅れそうでも無理せずに止まる、先行車は信号毎に後方確認をし、待つ場合は安全な場所で、
コーナーが有る場合はコーナーを抜けてから待つこと。(枝道無き場合は減速にて走行)


ハンドサイン=コレはいつものメンバーには通じるが・・・て言うサインが多いので
統一しましょう    ハンドサイン


現在、参加台数は11台+車1台

VTR1000F,モンスターS2R800,GSX-750R,トライアンフ サンダーバード900(スラクストン?ボンネビル??),
SR400,FZR250,FJ(FZ?)1000,ニンジャ250,ニンジャ900、スクーター400,
その他大型1台(車種不明)


後は、忘れ物無きよう、特に『遊び心とゆとりの心』。
後10日です、風邪など引かないように気をつけて下さい。


※ 出発後、大村の『シュシュ』にて一度休憩、を取ります。(合流車有り)


降水確率40%~、状況により中止の場合は朝6時~7時にこのブログ内で告知します。



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。