スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ツーリング企画

さて、いよいよゴールデンウィークへと突入しますね。

そこで突然ですがひとっ走りしませんか?

日時は5月・・・3,4,5、のどれか集まりの良い日を選択したいので皆さん連絡ください!


目的地は唐津~呼子方面辺りで軽く行こうと思います。
(他に良い目的地が有れば連絡下さい)



TS3S0260_convert_20121001131609.jpg
 
スポンサーサイト

Club PARIS 2014年度スカラシップ登録ライダー募集

熊本のチームRSCさんが来年度に向けたアナウンスを行ってますよ!
気になる方は要チェック!!!

237-2.jpg


Club PARIS(クラブパリス)では2014年度に「NSF250R」と「CBR250R」を貸与するスカラシップ制度を設立、登録ライダーを募集します。
応募資格は年齢12才~26才、MFJライセンス取得者は国内ライセンスの方に限らせていただきます。

注意事項
・NSF250Rのマシン貸与を受けるライダーは年間走行距離約5000km分のランニングコスト250万(消耗部品、スペアパーツ、タイヤ、メカニック人件費含む)が別途必要です。

・CBR250Rのマシン貸与を受けるライダーは年間走行距離5000km分のランニングコスト70万(消耗部品、スペアパーツ、タイヤ、メカニック人件費含む)が別途必要です。



お問い合わせ・登録用紙郵送先
〒869-1231 熊本県菊池郡大津町平川1784-1 
株式会社アール・エス・シー

TEL:096-293-3505

 

マルケス

なんだか欲しがってるのもいたが(笑)出てますねニューカラー!

去年モデルの
mainimg.jpg

もちろんニューモデルのこちらも・・・・

mainimg11.jpg


motoblogit-qatar-marquez.jpg


文字が入ってた方が良いのか悪いのか・・・イメージ変わるな
 

ライバル再燃

ロレンソ:ロッシ好調を喜ぶ

omnicorse-qatar-lorenzo.jpg

★カタール開幕戦で無敵勝利だったホルヘ・ロレンソが、イタリア1TVのインタビューで次のようにコメントした。
「【一見簡単そうなレースだったが…】いいえ。最初の2周では、“一体どうしてペドロサ選手がまだこんなに接近してるんだ?”ってつぶやいてましたよ…僕は本当に100%全力を出してたはずなのにね。その後、タイヤがたれ始めてきた辺りで、他の選手らより強く走れるようになってきて前に飛び出て行ったんです。でも本当に、端から見る以上に厳しいレースでした。独走するって言うのは集団で走るより厄介なんですよ…集中し続けて、考え事とかしてられませんからね。とにかく、油断したらすぐにミスをするんです。

【ロッシ選手の追い上げについて】凄いリザルトでしたね…僕だけじゃなく、ヤマハ全員にとってもね。ヴァレンティーノの事は本当に嬉しく思ってます。ドゥカティでのあんなに厳しい2年間を経て、こう言うレースは彼には相応しいでしょ。」

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:2013年04月07日Omnicorse.it記事より抜粋)

 

マルケス3位!

暫くPCのトラブルで更新出来ませんでした、なんとか簡単には打てそうなので・・・

モトGP『マルケス:たくさん学ばなければならない良いレース』

motoblogit-qatar-marquez.jpg


★モトGPデビューとなったカタール開幕戦で、3位を獲得したマルク・マルケスのコメント。
「スタート前は、けっこうピリピリしてたけど…良いレースでした。今までのキャリアで、あんなに緊張したのは始めてです。でも、モトGPデビュー戦なんだから、当たり前だと思います。集中して気持ちを落ち着かせる時間もあったし…でも、そうなれたのはスタート直前ですけどね。でも、全て良い感じで進んでくれました。スタートも良かったし、序盤で何台か抜けたし、あの辺りでポジティブなレースになりました。

3位になってからペドロサ選手に寄って行って、後ろを追いながら多くの事が学べました。向こうがどこかトラブり出したなって時に、オーバーテイクをかけました。ヴァレンティーノ(ロッシ)に2位の座を奪われないよう戦った時…良い対決でしたよね。彼からもたくさん学べました。あんなに速くて経験豊富な選手と戦うのは、全然簡単じゃないですから。特に終盤は…これまでの彼のキャリアでも常にプラスアルファあるじゃないですか。負かされて3位になったけど満足です…全力を出し尽くしたし、今日はうちの100%のポテンシャルでしたから。

良いレースだったと思うんですが、残念ながらマシンがかなり動いてしまって。シートにまたがって自分がかなり動いてる状態で、グリップ不足を補おうと努めました…コーナーでの立上がりを良くするためにね。部分的には上手くいったんだけど、問題はそのままで。ヴァレンティーノが抜こうとして来た時、プラスアルファの状態になってるって分かって、もう大した事はできないな…と。でも、満足してます。思い出に残るモトGPデビューになったし、これからはテストでも順調だったオースティンに目を向けて行きます。」

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:2013年04月08日bikeracing.it記事より抜粋)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。