スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

モトグッツィ

新型V7 RACERを7/19発売

20130524_news_mg701.jpg

ピアッジオグループジャパンは、モトグッツィの新型V7 RACERと、New 1200 SPORTS 4V ABSを7月19日(金)から発売開始すると発表した。本ページは新型V7 RACERの情報をお届けする。


新型V7 RACERに搭載される744ccのOHV2バルブエンジンは、全体の70%に渡って新たな部品が使われ、10馬力の出力アップと燃費が向上された新型エンジンが採用されている

Moto Guzzi New V7 RACER、
New 1200 SPORT 4V ABSを7月中旬より発売開始
―ますます充実するMoto Guzziシリーズ―

ピアッジオグループジャパン株式会社は、7月19日(金)よりMoto Guzzi 新型V7 RACER、New 1200 SPORT 4V ABSの発売を全国モト・イタリアーナ各店、及びモト・グッツィ正規販売店を通じて開始致します。メーカー希望小売価格はV7 Racerが1,250,000円(消費税込み)、New 1200 SPORT 4V ABSが1,468,000 円(消費税込み)。

20130524_news_mg705.jpg


■新型 V7 Racer
新型V7 Racerは、セパレートハンドル、ゼッケンプレート付きシングルシートカウル、スモールバイザー付きゼッケンプレートなど、カフェレーサーらしいスタイリングで大変好評をいただいているモデルです。今回このV7 Racerを大幅にアップデートいたしました。

特に注目すべきはエンジンです。V7 Stone、V7 Specialにすでに搭載されている、新型エンジンを新たに採用。このエンジンは744cc OHV2バルブとレイアウトこそ従来型を踏襲しながらも、200点以上の部品を新規・再設計とし、全体の約70%が新たな部品へと生まれ変わりました。その結果、新型エンジンでは10HPもの出力向上と燃費の向上を可能としました。また、今回新たにスチール製クロームメッキタンクや、アルミ製ホイールリムを採用し、より“イタリアンバイク”という言葉にふさわしい、高い質感も獲得いたしました。

20130524_news_mg706.jpg

[ お問い合わせ ]
ピアッジオグループジャパンコール
TEL/050-3786-2635
 
スポンサーサイト

スズキ モトGP2014:茂木テスト

ド・プニエが新スズキをテスト

★5月23〜24日、茂木サーキットにてホンダ、ヤマハ、スズキによる合同テストが行なわれた。

motoblogit-suzuki4.jpg


★タイムは公表されていないがドイツサイト『Speedweek.de』によれば、トップはランディ・ド・プニエで1分47秒0(昨年の茂木戦で同選手がART機で出した最高タイムより0.2秒速い)。

★写真はシゲオ・キビキ撮影によるもので、MCN英サイトに掲載された。


motoblogit-suzuki3.jpg

motoblogit-suzuki2.jpg

《『Speedweek.de』によれば、非公式ながら首位タイムはランディ・ド・プニエの1分47秒で、ホンダのテストライダーであるタクミ・タカハシも同タイム。また、コウスケ・アキヨシが1分47秒581。同テストに参加していたヤマハのカツユキ・ナカスガは1分46秒780。(Sourse:2013年05月27日 Gpone記事より抜粋)》
 

プロダクションレーサー、茂木テスト

サテライト選手向け2014ホンダ機、コースに登場

motosprint-motegi.jpg

★スズキ、ホンダ、ヤマハの3メーカーによる2日間の茂木合同テスト(5月23〜24日)で、HRCがRCレプリカ機(2014年よりプライベートチームにリースされる予定)を走行させた。テストライダーはタクミ・タカハシ、コースケ・アキヨシ。

gpone-honda-motegi.jpg


★5月23〜24日、ホンダのテストライダーらによりプロダクションレーサーの走行テストが満足のいく結果で終えられた。同機は来年、プライベートチームに100万ユーロ()でリースされる予定。

★HRC副社長シュウヘイ・ナカモト氏のコメント。
「テスト結果は期待以上のものでした…特にパーフォマンス面についてですね。ここまでの開発に関しては大満足です。早々に、新たな発表を行なう予定です。」

★写真を見る限りRC213V機に酷似しており、現段階ではカウルは同一。ただしRC213V機とは異なり、ニューマチックバルブ、シームレス・ギアボックスは搭載されていない。またサスペンションはショーワ製を、ブレーキはニッシン製が使用される模様。

★公式テストへの投入は未定であり、現段階では11月最終戦の翌日のヴァレンシアテストを目標としているが、2014年初頭のマレーシアテストまで延期される可能性もある。

★来シーズン、グレジーニおよびLCRチームが同機を使用するのではと見られている。ホンダの取り決めでは5台販売予定でいる。

(Sourse:2013年05月27日 Gpone記事より抜粋)

 

「クロスカブ」 6/14に発売!

【ホンダ】 CC110

ホンダは、スーパーカブ110をベースとしたアウトドアスタイルの「クロスカブ」を6月14日(金)から発売する。丸ライトや往年のCT110をイメージさせるカラーリングで春のモーターサイクルショーでも注目を集めていたモデルのひとつ。足回りはストローク量の多い「110 プロ」のものが採用され、減速比はクロスカブ用に低回転で力強い特性に調整されているようだ。

20130522_news_hcc05.jpg


アウトドアスタイルの「クロスカブ」を発売

Hondaは、アウトドアイメージのスタイリングでレジャー用途に適した「クロスカブ」を6月14日(金)に発売します。

クロスカブは、ビジネスモデルとして取り回しやすさや経済性などで定評を得ている「スーパーカブ110」をベースに、アウトドアイメージのスタイリングと装備を施した新感覚のレジャーモデルです。

開発にあたっては、“THE CROSSOVER A LIFE AND PLAY”をキーワードに、日常での使い勝手と遊び心の融合を図っています。

デザインは、乗車時のまたぎやすさや、レッグシールドを備えたスーパーカブ伝統の実用的な車体構成を踏襲しながら、タフなイメージのヘッドライト回りや幅広くアップライトなハンドルなどでクロスオーバースタイルを強調しています。カラーリングは、カラフルなパールコーンイエローとファイティングレッドの2色のバリエーションで、市街地はもとよりアウトドアでも映えるものとしています。

20130522_news_hcc03.jpg


エンジンは、スーパーカブ110に搭載されている低フリクション技術を多岐にわたって採用した高効率な空冷・4ストローク・OHC・単気筒110ccを採用。クロスカブ用に減速比を変更したことにより、さらに低回転域で力強い特性としています。

車体は、剛性に優れたバックボーンタイプのパイプフレームを採用。前・後サスペンションは、「スーパーカブ110 プロ」に採用しているストローク量の多いタイプとすることで、アウトドアでより快適な走行を楽しむことができます。

■メーカー希望小売価格(消費税込み)/278,250円
 

モト2ル・マン:中上貴晶

今回は非常に残念な結果に終わってしまいました中上選手。

italtrans-nakagami.jpg


タカアキ・ナカガミ
《無理をし過ぎたところは一切ありませんでした。むしろ、マージンがあったと言っても良いぐらいです。単純にミスを犯してしまいました…僅かとは言え、ミスを犯してしまったのです。ベストの走行ラインから外れてしまい、戻ろうとしていたんです。少し焦った操縦をしてしまい、フロントが流れてしまった。腹が立つのはもちろんの事、残念に思っています…自分自身よりもチームに対し申し訳ない。ムジェッロでは挽回できるよう頑張ります。》

クラウディオ・マチョッタ(中上選手のチームメカニック)
《良く言われている“レースって言うのはこう言うもんだ”ってヤツで、今回のはまさにそれですね。レースって言うのはこう言うもんですよ。ただ、自分らがやってきた仕事には満足してるし、タカアキはウエットも非常に上手く、あの通り速い。早々に取り戻してみせますよ。》

(Sourse:2013年05月20日 Italtrans公式FBより抜粋)

 

クラッチロー インタビュー

gpone-cal.jpg


ヘレス戦も手負いで…どちらも厳しいレースだったね。去年のル・マンでも同じ選手と競り合ったんすよ…ロッシとドヴィツィオーゾ。でも今回は、転倒しなかったすからね。

【マルケスの追い上げは?】こっちに向って来た時は「今はやめてくれ!」って思いました(笑)。うちらヤマハ選手ってのはホンダよりもタイヤにストレスをかけるんで、ホンダはレース終盤に違いを見せてくるんすよ。でも、このコンディションでも上位陣に付いて行けるってところを証明したし…ドライだったら表彰台に上がれてたかなぁ。

【足のケガは?】マシンに乗ってた時は大丈夫。歩いた時の方が痛いっすね。フランス人医師は親切で、診察したらすぐにOKって言ってくれて。シルバーストーンのイギリス人医師の方が時間がかかったなぁ(笑)。

【ヤマハに改良パーツを要求できるのでは?】何かを要求すべきなのは自分じゃないし、今この瞬間を喜びたいだけっすね。マシンは好調…去年並みにって意味っすけど…シャーシは違いますけどね。苦労してるのはタイヤの温度を上げるのだけで、実のところ第1ラップでかなりポジションを落としてしまったんすよ。

【ヤマハワークス両選手を凌駕したが…】あの2人を(ロッシ&ロレンソ)抜く時、転倒なんかに巻き込みませんようにって願ってましたね。もしそんな事にでもなったら、ヤマハと大事になるでしょ(笑)。ヴァレンティーノ(ロッシ)を抜いたのは、去年、自分が転倒したのと同じコーナーだったんすよ。

【ドヴィツィオーゾ選手とは?】お互い、ライディングが似てるんすよ。2人ともフロントに力をかけるタイプでね。ドゥカティはウエットではキリキリしてるようには見えなかったなぁ…それほど動き過ぎてもなかったし。彼を抜いたのは危険ポイントでね…マルケスの事を待っていたら2人ともやられちゃっただろうなぁ。

(Source:2013年05月19日Gpone記事より抜粋)


《Cal,se mi dai un bacio ti faccio provare la mia moto…(カル、チューしてくれるんなら、僕のマシンを試乗させてあげるよ…)》gpone-cal-lorenzo.jpg
おいおい・・・


 

本日は・・・

やはり降ってしまいましたね!

残念ですが無理せず中止にしましょう。




あぁ~やっぱり『雨男』でしょうか?
 

明日は

早朝走行の『コーヒーを飲みに行こう!』

やっぱりと言えばやっぱりの・・・『雨!!』


ココまで来たら間違いなく私は雨男なのでしょう(笑)

ame.png
入会しとくかぁ・・・ココ



一応取決めとして、朝6時の時点で降ってなければスタートします、が!
明日は確実に降りますので帰りまで持つ保証はありません!
各自自己責任にて集合下さい +.゚(*´∀`)b゚+.゚

 

ロッシ 『目標はホルヘ』

ロッシ『ロレンソより上位は重要』

伊TVインタビューでは・・・

《嬉しいですね。午前から調子良かったんだけど、特に午後は良かった。ずっと2種類のセッティングを試し続けて、最終的に僕が気に入った方にしたんですよ。強いペースで走れる方のヤツで、ハードブレーキングでも良くなってたし、たれたタイヤでも良く走れる方のヤツなんですよ。ホンダ2機の後ろで3位な訳だけど、みんな接近してるしね。ここル・マンで今シーズン4人目の勝者になれたら凄いんだけどねぇ。厳しいでしょ。でも、狙っていきますよ。

gpone-france-rossi.jpg

【M1機のどこを改良したの?】ブレーキングで僕の助けになってくれるようフロントのポジションを改良し…ただ、リアの重量やトラクションがあまり失われないよう心がけてね。そのせいでサスペンションにまで手を加えたんですよ。それが上手くいってくれて、ハードブレーキングでは上手くブレーキがかかるようになったし、あとは第3区間の加速がいくらか足りないだけかな。ただ、多分、そこで脅威的なのが、まさにダニ(ペドロサ)でしょうね。あとの区間は、多分、うちの方が少し速いんじゃないかな。とにかくユーズドタイヤでタイムが出せたし…もう24周も走ってたんだからね…なかなか良い出だしじゃないですか。あとは天気がどうなるか…明日も日曜も晴れてくれる事を願ってますよ。

【ホルヘ・ロレンソを抜いた事については】まだ金曜だからね…でも、自分としてはかなり重要なことですよ。僕のお手本はホルヘだし、今回も強い走りをしてるからね。とにかく彼に接近するって事が重要で…今日の午後に抜いた事なんかは意味ないですね。決勝レースで、それができたら更に重要でしょうけどね。》

(Source:2013年05月17日Mediaset.it記事より抜粋)

 

5月19日

早朝6時スタート、8時解散で

『コーヒーを飲みに行こう!』  プチプチ走行を行います。

特別『何か』をする訳では有りません、ただコーヒーを飲みに行くだけです(笑)


集合場所は佐世保上原町のセブンイレブン
目的地は国見休憩所『あじさい村』(こんな名前だったんですね!)


コーヒーを飲みに行こう!!





 

ホルヘ、悪役に?

ホルヘ・ロレンソ『マルケス・フィーバーで悪役にされそう?』

diarioas-lorenzo.jpg


imagesCAOSGRBV.jpg


【現在、マルケス・フィーバー状態でファンも増えているため、ロレンソ選手は悪役扱いされそう?】
そうならないよう願ってますね。各選手に各ファンがいるわけだし。マルク(マルケス)のスタイルが好みだって人もいるんじゃないですか…見ごたえあるしね。僕はコースではソフトな方だし、コース外では真面目な方だし。彼の方が良く笑うし、顔立ちも良い子風だしね。僕が悪ガキ風ってわけじゃないけど、もっと真面目な…集中してますって感じでしょ。
(マルケス・フィーバーには)他にも色々と理由がありますよね…2戦目で優勝って言うのも驚異的で…ほとんど誰もやった事はないでしょ。彼みたいに化け物じみた才能がない限り無理ですよ。チーム・スポンサーも、スペインでかなり強力だしね。広告もどっさり出してくれる。レプソル選手って言うのは、常にポジティブな宣伝になるんですよ。僕は…立場的に、別のスポンサーだしね。マルケスのブームは全く気にしてないですよ。ある意味、彼の功績からすれば当然ですから。

【ホンダでチームメイトになっていた可能性もあるが、現在、秘蔵っ子状態のマルケス選手選手と組まない方が良かった?】
結局のところ、秘蔵っ子なんて実体のない事で…大して重要な事じゃないから。メーカーと言うのは好リザルトを望んでるんであってね。秘蔵っ子かどうかは世間の評判でじゃなく、いくら貰ってるかで決まるんですよ。僕はヤマハで、彼はホンダ…今のところ互いにそれで良いんじゃないですか。

(Source:2013年05月04日Marca記事より抜粋)

 

マン島TTレース 無限『神電 貳』

マン島TT レース参戦車両「神電貳(SHIDEN NI)」発表

株式会社M-TEC(以下M-TEC)はこの度、5月25日(土)~6月7日(金)にかけて行われる2013年マン島TTレースに参戦するオリジナルEVバイク「神電貳(SHIDEN NI)」を発表した。


20130510_news_m01.jpg


20130510_news_m02.jpg


「神電貳(SHIDEN NI)」は昨年の実戦データを元に、風洞実験やモーターベンチテストに加え、国内の国際公認サーキットでの実走テストを重ねて開発。車体とEVシステムの軽量化やモーター出力特性の最適化、バッテリーのエネルギー容量アップ、さらにエアロダイナミクスの見直しを図ることで大幅に運動性能を向上させている。

ライダーには昨年に引き続きマン島TTレースで輝かしい実績を持つジョン・マクギネス選手を起用し、TT ZeroChallenge※優勝を目指すと共に、平均速度においても昨年の記録を上回る110マイルオーバーを狙う。

 

謝罪を拒むなんて自慢にならない!

ロレンソ沈黙を破る


★ヘレスGP決勝レースの数時間後、ホルヘ・ロレンソがCadena SERの『El Larguero』放送で遂に沈黙を破った。

【気持ちは静まった?】ええ、そうですね。何時間か前に落着きました。すぐ静まるタイプなんですよ。

diarioas-lorenzo.jpg


【マルケス選手と握手すべきだった?】ライバルと握手しないとか、謝罪を拒むなんて自慢にならない事だけど、正直、頭に血が上ってたもんだから。(あそこで握手したら)ちょっと偽善者っぽいでしょ…僕は常に誠実であるよう心がけてるんで。良い事じゃないと思いつつ、でも気持ちが静まってなかったから。もう少し学んだ方が良いなんて批判してくる人達だって、ああ言う状況では同じような態度を取るでしょ。僕のミスはそこですよ…この世界じゃ、政治的に適切な振る舞いをしなければ…あの瞬間、それをしなかったのが誤りでしたね。

【マルケス選手に会ったら、話をする?】ええ。今までとは違うだろうけど。いつも言ってた事だけど、マルケスは非常に優秀なライダーで、もう優勝を狙って来るだろうって…凄いチームに居る事で後押しもしてもらえるだろうし…ただ、やっぱり素質がなければあんな風にはできませんけどね。ダニ(ペドロサ)のライディングとは違うタイプですよね。僕が125ccデビューをした頃は、やはりミスも多かったし、多くの選手を転倒されてしまって…自慢にならない事だし、僕はミスから学びましたよ。今、26才で、多くの学びを経て、物の味方も変わってきました。時速300kmで走ってケガはしたくないでしょ。

(Source:2013年05月06日Diario AS記事より抜粋)

 

5月5日 お疲れさまでした!

本日はお疲れ様でした。

近場でしたが、楽しめたと思います!

また近いうちに『島原リベンジ』をしましょう(笑)

TS3S0839_convert_20130505173651.jpg

TS3S0840_convert_20130505173709.jpg

TS3S0841_convert_20130505173730.jpg

TS3S0842_convert_20130505173749.jpg

TS3S0843_convert_20130505173806.jpg

TS3S0844_convert_20130505173825.jpg

TS3S0845_convert_20130505173838.jpg

TS3S0846_convert_20130505173857.jpg

TS3S0847_convert_20130505173913.jpg

TS3S0848_convert_20130505173933.jpg

TS3S0850_convert_20130505174014.jpg

TS3S0851_convert_20130505174031.jpg

TS3S0853_convert_20130505174116.jpg

TS3S0855_convert_20130505174157.jpg
 

5月5日 ツーリング

急遽連絡が入りました!

参加台数が5台を超しそうですので決行します!

集合場所はお馴染みの広田クロスガーデン
8時出発でお願いします

目的地は佐賀 『唐津呼子周辺で昼飯食おうぜ!』と言う事で(笑)

今回は近場で早めの帰宅、軽めの走行で楽しみましょう♪
 

5月 ツーリング

5月のゴールデンウィークにと考えていたツーリングですが参加者不足で(当然ですが・・・)
少々延期したいと考えています。

どうもこのまま決行すると、2~3名で出発となりそうです(笑)


そこで、再度参加可能日時を連絡いただけたら幸いです。

予定日
5月 12日  19日  26日 です。

現在 『昼飯食いに行こう!』のノリで佐賀唐津~呼子辺りに照準を定めていますが、同時に良い目的地が有れば連絡ください。

P1030213_convert_20121002125739.jpg

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。