スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

カワサキ 中国で生産・販売 ロンシンと合弁設立

ronsin.jpg

川崎重工業(長谷川聰社長)は、
中国・重慶市の大手の二輪車メーカー、隆鑫通用動力股份有限公司
(Loncin Motor Co.Ltd、以下ロンシン社/高勇総裁)を
パートナーとしてカワサキ二輪車の生産、販売を行うことにし、
このほど提携基本合意書に調印した。

kawasaki ronsin


個人的にはどうか?と考える、中国自体がすでに格安の国では無くなっていると言うのに・・・。


 このカワサキ二輪車の中国における生産、販売は、川崎重工業とロンシン社による生産合弁会社と販売合弁会社を設立して行うもので、両合弁会社の規模など具体的な内容は今後両社によって煮詰めることにしている。今後のスケジュールとしては、まず13年春には、カワサキ車の現地販売のための合弁会社を設立し、川崎重工業がタイで生産しているNinja250Rをはじめ150〜250cc級の完成車を輸入発売する。その後、現地生産に向けた生産合弁会社を設立することにしているが、その生産開始は14年になるもよう。
 ロンシン社は、中国で二輪車産業が集中する重慶市に本社を置き、中国ではトップクラスの二輪車メーカーだという。設立は93年で、資本金が7億2000万元(約90億円)。事業内容は二輪車および三輪車、エンジンなどの生産、販売で、従業員は6700人。同社製品の販売については、中国全土に独自の販売ネットワークを有しており、合弁会社によるカワサキ車の販売についても、このロンシン社販売ネットワークが活用される。
 川崎重工業としても、ロンシン社の中国国内販売ネットワークと、コスト競争力を活用して、中国における高品質で高付加価値のカワサキブランドの二輪車を幅広く提供していく方針である。世界最大の二輪車市場とされる中国に、カワサキが新たな生産、販売の拠点を確立することにより、カワサキブランドの二輪車のさらなる世界市場での飛躍が期待される。

無題
・・・・期待したいなぁ。
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://takeride.blog.fc2.com/tb.php/101-7b34b4a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。