スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2013年のヴァレは競争力の高いマシンに乗れるか? インタビュー後編

ezpeleta-vale5.jpg

もしCRT機のみにしていたなら、スーパーバイクとのダイレクトな競争になってしまい苦労されていたでしょうね…。
「スーパーバイクと常に比較するのはやめませんか。それぞれ別の選手権なわけで…特徴もそれぞれにかなり違うんですから。むこうは概念上、市販車のままのマシンを使ってるわけだし、モトGPの方はプロトタイプ機を走らせたがってるわけで…それはオートバイレースにおける最高表現とならねばならないわけでね。」

そうであったとしても、WSB参戦メーカーとモトGP参戦メーカーを秤にかけたら、WSBの方が有利に傾くんじゃないでしょうか…。
「そう言う状況には全く驚きませんな。一体どこのメーカーがモトGPに参入してきたいと思うんですが…確かな規則や、安定した基準がないなかでね。我々はまさにそう言った方向に作業を進めているんであって、現在、市販車を盛り上げているメーカー陣と確実に合意できるだろうと思ってますよ。」

ヤマハやホンダ、ドゥカティのとっては他のメーカーが参入してこないよう、モトGP機に規制がかかってるほうが都合が良いような感じもしますが…。
「そう言う見方から抜けださねばならんのですよ…他のメーカー勢がモトGPに惹かれるようにね…それに、信じてもらいたいんですがね、決めてもいいかなって思ってる者も多くいて、現在、話を進めている最中なんですから…。」

いつものことですか…色々と言ってはみたが、結局は誰も参入せずって。とりあえず、話に上がってきているメーカーがどこかを教えていただきたいのですが…。
「想像されている以上ですよ…新顔と言うわけじゃないメーカーもいますがね…現在、話してるのはスズキ、アプリリア、BMW…ザッと例を挙げるならね…。」

メディアセットTV局がWSBの放送権を獲得し、ドルナではモトGPをデジタル放送の方に移す予定ですが、これだとモトGPの視聴率が下がってしまうのでは…。
「まぁ、2013年は今のままイタリア1チャンネルで放送されるわけだし…その後もイタリアのファンの皆さんはモトGPレースをきちんと見ることができるでしょう。スカイとの契約を約束した際に、レースは普通チャンネルでも放映される事と言う項目を入れてあるんでね。全然、不可能ではないですよ…つまり、2014年には伊RAI国営放送が興味を示すようなら、放映されるかもしれない。再放送でね…来年のF1と同様にね…スカイのデジタル放送に9レース生中継が加わることになって…それが全てRAIや他の放送局で再放送されるんですよ。」

ヴァレンティーノ・ロッシとドゥカティの婚姻関係が上手くいってませんが…ドルナはあの世界チャンピオンを勝てそうにもないマシンに乗せておいてるわけですよね。エスペレータ氏としては、ロッシ選手と言うのは今でも勝てるライダーと思われてますか?
「私はうろたえてはいませんが。ヴァレンティーノは来年、競争力の高いマシンに乗るでしょう…具体的にどうなるとは申せませんがね。まだ、この話は時期尚早でしょう。2013年、勝利を賭けて戦うヴァレンティーノの姿がまた見られることでしょう…。」

パドック内には選手らが触れたがらない話題が漂ってますが…恐怖についてです。マルコ・シモンチェッリ選手が亡くなった際、消せない跡が多くの選手達の中に刻み込まれ…モトGP自体、以前と同じようには見えないのですが。こう言った印象は抱かれてましたか?
「ライダーって言うのは強い感情の塊みたいなもんですからね…マルコの悲劇的な死がすべてに影響を及ぼしたことは確かでしょ。ただ、彼らはプロであると言うのも事実ですから。今は彼らの表情に恐怖の影は見受けられませんが。ひと度、コースに降り立ったならば全力を出せる者達ですから。」

[ 完結 ]


(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Omnicorse.it 2012年06月25日)

 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://takeride.blog.fc2.com/tb.php/109-5a69c11d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。