スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

HRC ロッシにマシン提供OK

中本修平『一緒に働けたら楽しいでしょうねぇ』
ワークス機提供OKか?

nakamoto-rossi-ufficiale.jpg

2013年に向けたモトGPライダー市場がかなりの加熱振りで、話題はいまだ行き先定まらぬ選手らへと集中している。そして、その筆頭株と言えば、当然のことながらヴァレンティーノ・ロッシであり、もはや新たな情報やら推測なしでは一日が過ぎていかないほどの勢いだ。昨日、スペインサイト『Motocuatro 』からはフィリップモリスがスポンサーについてロッシ&ロレンソのドリームコンビ復活…なんて噂が飛び出ていたが、本日、真夏のメロドラマに新たなエピソードを付け加えてくれるのはHRCボスこと中本修平副社長。

国際プレスによる同氏の最近のコメントが、次のようなものだったのだ。
「ヴァレンティーノと一緒に働けたら楽しいでしょうねぇ。彼がホンダで走っていた時、私はF1の方をやってたもんですから…ホンダ機を走らせてるのを見たのは鈴鹿8耐の1回きりなんですよ。ロッシ選手をワークスチームに引き入れるのは無理でしたが、うちのサテライトチームでワークス機を提供する分には大丈夫です。」

中本氏のコメントは、どうもホンダ側から『公言』されたように聞こえるのだが…つまり、実際的に、ロッシ選手をホンダ王国に再び迎え入れる意思があることを公認していると言うか…それも、2000年にロッシ選手が最高峰デビューした時を彷彿させるような…形式的にはHRCワークスチームからは切り離しながらも、ホンダワークス機NSR500を提供したような条件でだ。
とりあえずは、これがロッシ選手絡みの最新情報であり、次に乞うご期待と言ったところ。古沢政生氏が、現在、イタリア滞在中なわけだがら、まもなく何か出てくることは賭けても良い。
噂の終止符を打つロッシ選手のファイナルアンサーは、ラグーナセーカからブルノ戦あたりまではお預けなのだ。


(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Motoblog.it 2012年07月19日)

 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://takeride.blog.fc2.com/tb.php/133-bd995814
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。