スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ヴァレンティーノ・ロッシ コメント

『これで謙虚じゃなければバカでしょう』

mediaset-rossi-indi.jpg

ロッシ 生音声 
イタリアの『Moto.it』より、イタリア語なんで・・・、下が日本語訳です。

『この状況で…これほどネガティブな2シーズンを経た今、謙虚な姿勢がなかったら本当にバカでしょうね。自分の発言や考えに対し常に裏表なくやってるんですが、僕自身も、こんな2年間の後で、この先どうなるのか分かりません。現在の自分のレベルがどんなもんかって言うのは、僕にとってもサプライズでしょうね。
今、この段階で10個目のタイトルの話をするのは時期尚早でしょう…まず、自分にまだ操縦能力があるのか、まだ速いのか、表彰台争いやファーストロー争いができるのかどうかを見極めなければ。
新たな可能性が得られて嬉しいです。僕の参加でヤマハの手助けもできるだろうと思ってるけど、それと同時に、現段階での最強ライダーの1人と組むんだってことも承知してます。厳しいだろうけど、僕には戦える…楽しめるって思いながらレースに挑むことが重要なものですから。
2004年の時とは色々と変わりましたよね。現在、僕らがやってるスポーツでもマシンがもっと重要になっている…8年前に比べてね。このチャレンジに挑むにあたっては多くの要素がありました。
2004年にヤマハ入りした時、M1機と言うのはホンダ機に劣っていて…でも、僕はそれを乗りこなせた。反対にドゥカティ機ではただの1度も無理だった…思っていたようには行ってくれず、際立った走りはできませんでした。
ヤマハ入りした時は24才で、他の選手と競り合って、自分のピークにいたとも言えるでしょう。だから、劣ったマシンに乗っても勝つことができた。今や僕は33才で、けっこう長くやっている…これからは更に厳しいですよ…若くて強い選手が複数いるんだし。
僕は人生を2度送ったようなもんですよね…キャリア前半では5回連続タイトルを取って、僕の前ではたった2人しか成し遂げられなかった偉業ですよ。その後、2年連続負け続けて、また2回タイトルを取って。
これからは厳しいでしょうね…でも戦闘力のある、自分で楽しめるライダーでありたい。もしそうならば、またまだ長くやっていけるだろうけど、今後もせいぜい5〜6位争いしか…つまり、面白くもない順位でしか戦えないなら、何か別のことを始めますよ。今だって、その可能性は…。
(ロレンソ選手の立場だったら、復帰は受入れたか?)ロレンソ選手が僕に対し非常に立派な態度を取ってくれたことは言っておかなければ…僕の復帰を阻止するようなことは皆無でした。状況が少し違うとは言えるでしょうね…2008年に彼がヤマハ入りした時、僕はそこのNo.1だったわけで、まだまだ何年もそうしていられるだろうって思っていたし、M1機は僕と一緒に最低マシンから最高に変身したと思ってましたから。ホルヘはヤマハのためにそう言うことはしてなかったし…ただ、それができる力も、まだまだ勝っていける力も持っている。とにかく、彼の対応は非常にきちんとしたものでした。
(後任予定のドヴィツィオーゾ選手へアドバイスは)アドバイスはライダーよりドゥカティの方に必要でしょうね。コンピューターに出てきたことを100%信じるより、ライダーが言ってる事の方を信じた方が良いでしょう。』

[日本語翻訳:La Chirico ]

もっと詳しく読みたい方は→ ロッシ 全インタビュー
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://takeride.blog.fc2.com/tb.php/164-994c595a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。