スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

Wow!イタリア機でワークス2年だ!!』

『公認:ドヴィツィオーゾ2014年までドゥカティ』

gpone-dovi.jpg


『ドゥカティ&ドヴィツィオーゾ、ついに公表』

★ガブリエーレ・デル・トルキオ(ドゥカティCEO)コメント
「今回のドヴィツィオーゾ選手との合意は、当社がレースに対し…つまり、ドゥカティのDNAと伝統における積極的かつ戦略的な一面を第一義に考えていると言う現れであります。
モトGPに挑むべく最大限の尽力を再確認しつつ、深い喜びと共にアンドレアを歓迎いたします。
先日、既に協力関係に再合意を果したニッキー・ヘイデンと共に、開発計画を押し進め、競争力およびリザルト、そして達成感が得られるであろうことを確信し、当社の努力に、また、パートナー、スポンサーおよびファンの皆様方からの変わりなき信頼に報いれることでしょう。」

★フィリッポ・プレツィオージ(ドゥカティコルセ・ゼネラル・マネージャー)
「テクニカルな感性やテストライダーとしての素質は天性のもの…そう言った面がその才能や迷いのなさ同様に、アンドレアの大きな価値を際立たせている。
チームに迎え入れ、彼の協力が得られると言うことは、当チームのモトGPプロジェクトを育て、開発していくにあたり今後の励みになってくれることだろう。」



ドゥカティでの苦労についてはですね、先日、この選手がしみじみ語ってました…
ドゥカティの最初の犠牲者と言われている、この人…


『メランドリ:ロッシの苦労で信憑性が得られた』

Brno_Race2_low.jpg

★マルコ・メランドリが『Gazzetta dello Sport』紙にコメント
「苦労してるヴァレンティーノを見て喜んだりはしないが、あの当時、僕が正しかったことは証明された。速く走れていたし、開発指示を出すための的確な手応えもあったのに、話を聞いてもらえなかった。ヴァレンティーノが苦労してることで信憑性が得られたね。」

★アンドレア・ドヴィツイォーゾ選手に向けて
「アンドレアにとっては唯一可能な選択だったでしょ。僕が見立てが間違ってくれれば良いんだけど、バラ色のスタートにはならないよ。ドゥカティは研究にも開発にも、ロッシに投資したように金は出さないだろうから。」

maruco.png

結局マルコやヴァレンティーノ等の選手に無くて、たまたまストーナーがDucati向きの『何か・・・』を持ってた事に助けられた、その事に気付かないから『ドツボ』に嵌まる訳ですな。

DUCATI好きだが、GPのDUCATIの姿勢はちょっと・・・・ライダー頑張れ!だね
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://takeride.blog.fc2.com/tb.php/172-7f8f048d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。