スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ヤマハがロッシと契約したのは

『ヤマハがロッシと契約したのはロレンソ&スピース開発に自信がないから』

『ロッシのヤマハ復帰で心理戦開始』

★スペイン『SOLOMOTO』誌9月11日号にジェレミー・バージェスのインタビュー記事が掲載される予定。

solomoto-burgess.jpg


★同インタビュー記事抜粋
「2004年、私とヴァレンティーノが(ヤマハに)移った際、やらねばならなかったことはマシンについて1つ1つを変えていくこと…エンジニアが正しい方向に開発を進めていけるようフィードバックを与えることだった。ヤマハが再びヴァレンティーノと契約した理由の1つが、そこにある。つまり、ヤマハはこれまでロレンソ/スピース両選手が行なってきたM1開発に確信がないのだ。
(ロレンソ選手が開発した現M1機の戦闘力が高いことは認めながら)マシンは好調だが…私が知っている限り日本人と言うのは、ロレンソ/スピース以外のセカンドオピニオンを欲しがるものだ…ライバルの前を行くためにもね。ヤマハはヴァレンティーノが、すぐにマシンを理解しセッティングを探り出す感性があるライダーだと言うことを知っている。その一方で、ホルヘがどんなマシンでも速く走れるライダーだと言うこともだ。
(ドゥカティ機でタイトルを狙うべく残留すべきだったか?)いや、そうは思わない。ドゥカティの開発リズムでは充分な時間がないから。あの作業リズムでは10年以上はかかるだろう。開幕戦からずっと新しいシャーシもできなかったのだから…!」

[日本語翻訳:La Chirico / 西語記事: SOLOMOTO 2012年09月07日記事より

確かに、ドゥカティの開発速度は・・・まさしく亀の歩み。

10年掛かると言われても『その通り!』としか言えまい、残念だが。
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://takeride.blog.fc2.com/tb.php/186-fe3f79b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。