スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

マーヴェリック・ヴィニャーレス チーム離脱事件

モト3『ヴィニャーレスがアヴィンティア・ブルーセンスと契約破棄』

vinales-qatar-moto3-2012.jpg

★マレーシアGP走行テスト第1セッション開始は現地時間の9時15分なのだが、8時15分頃、ホテルの朝食ルームにマーヴェリック・ヴィニャーレスと父アンヘル氏が降りて来た。9時05分、父子はホテルを出てサーキットへと向う。

★走行テストが始まり、ドルナのTVカメラがピット内に置かれたヴィニャーレス選手のマシンをフォーカスするが、この段階では誰も何も知らなかった。数分後、ヴィニャーレス父子がパドックに到着し、右折してピットへと向う代わりに左方向へと進み、カルメロ・エスペレータ(ドルナCEO)に会いに行く。ドルナのオフィス近くにモバイル・クリニックがあるため、当初はヴィニャーレス選手が体調を崩したものと思われた。その後すぐ、同選手が出走しないこと、また、一方的にアヴィンティア・レーシングチームとの契約関係を破毀すると言う決定が伝えられた。同チームより世界選手権デビューを果し、1ヶ月ほど前には契約更改も公表されていた。

imagesCAOJUCBZ.jpg

★ヴィニャーレス選手のコメント
「昨日、チームと話し合い、シーズン中盤よりチームは最善を尽くしておらず…どんどん悪くなっていると思うと告げた。僕の方では契約を打ち切り、残り3戦を完走させる形で合意したいが、彼ら(ラウル・ロメーロチームオーナー、リカルド・ホヴェマネージャー)はそう望んでおらず悪い方向に進みたいようで、そのため、今回、出走することができない。
インディアナポリス以降、マシンは悪くなっている。その頃から、チームが好き勝手にやっているのを見て苛つくようになってきた。ホンダがやって来ていて…その後はチームが好き勝手にやっていた。それ以上にはならない…チームにはそれ以上のことはできないのだから。今シーズン、僕がやってきた事は僕ではなくチームがやってきた結果なのだから、ある意味では満足はしている…だからタイトルを取れなかったのだ。度々、レース中にエンジンが故障したのを別にしても、他のホンダマシンに比べても全然走れていなかったからだ。だから契約を破棄したいと思ったのだが、チームは快く受入れる気はなく、だから、悪い方向に行ってしまった。
良い選択だと信じていたから(契約更改に)同意した。でもアラゴン戦以降、チームは自分達が3流だと言うことを証明している。僕が唯一の望んでいたことは勝てるチームに入ることで、勝てるチームだと示して欲しかった…それだけを望んでいた。」

★リカルド・ホヴェマネージャーのコメント
「我々にとっては消化し難いことだ。昨夜、もう続けられないと告げられた。実を言えば、当初はなにかとテンションが高くなっているからだと思った。マシンが助けになってくれない…これでは無理だと言うような。うちは総合ランク2位で、数字的にはタイトル獲得の可能性もあることを思えば、支持できない。私としては、人道的な説明ではないと思う。今後、破毀するか否かは自由だが、とにかく今は出走すべきだ。もちろん、契約破棄に応じないなら出走はしないと言う脅しなわけだが。」

★ヴィニャレース選手はまた、他チームからオファーが寄せられていた事を知らされていなかったとして非難している。

(日本語翻訳:La Chirico / 西語記事:SOLOMOTO 2012年10月19日より抜粋)

ヴィニャーレス事件、ドルナ見解

★ハビエル・アロンソ(イベント・マネージングディレクター兼レース・ディレクション内のドルナ代表)が、マーヴェリック・ヴィニャーレスのチーム離脱の一件に関しコメント。なお、同選手の法定代理人である父親により2014年までの契約が交わされているため、一方的な契約破棄には交渉が要すると見られている。

★「マーヴェリックが出走しないと連絡を受けたのだが、予期せぬ出来事だった。ラウル・ロメーロとリカルド・ホヴェが状況説明にやって来たので、何とかならないものかヴィニャーレス父子と話し合ってみるよう頼んだ。まずは父子と、それから全員で状況を把握し、解決策を探せないかと頑張ったが、無理だった。もう戻りたくない…今シーズンを終わらせる唯一の方法は今すぐ契約を破棄することだと。少々、奇妙な行動ではある。契約を破棄したいなら、まずは今シーズン完走しなければ。
(2014年までの契約破棄が合意されない限り)おそらく世界選手権には出られない。確かにマーヴェリックも、チームもそれぞれの言い分に正しい面がある。話し合って妥協点を見つけなければ。
(契約破棄に関する細則はあるのか?)分からない…契約書はみていないが、あるとは言っていた。ただ、私には分からない。」

ロッシ案:組合を作ろう

imagesCA0VYTVI.jpg

★ヴィニャーレス選手のチーム離脱事件を受け、ヴァレンティーノ・ロッシがコメント
「今年、マーヴェリックは強い走りをしていて…真の問題はチームにあるとは思えないが。揉めてる理由は知らないが、3戦残して辞めると言うのは良い話ではない。
契約内容を監視するような組織が役に立つのかもしれない。特に、低排気量クラスの選手とか、あまり注目されていない選手などには。彼らの方から提起した方が良い…僕としても支援する気持ちがある。」

★ホルヘ・ロレンソのコメント
「外部の人間が判断するのは難しいし、カッカしている時は後で後悔するような事を言ってしまうものだ。色々と話す前に少し時間を置いた方が良い。僕はどちらにも反対も賛成もしないが、契約にサインしたと言うことは約束したと言うことだし、厳しい時に逆風に耐えて進むことを覚えなければ。」

★ダニ・ペドロサのコメント
「何か起きても詳しいことを知らないならば、意見と言うのは言いづらいもの。今シーズン、多くのチームが選手を解雇してきたが、その反対と言うのはなかった。『組合』なんかを作るって言うのも面白いのではないかなぁ…選手の契約や権利を保護するような。F1でやっているようなのをね。」

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Gpone 2012年10月19日記事より抜粋)


最近、トラブルが有るとマシンを蹴ったり、投げ捨てたり・・・
褒められた態度ではない!!が、訳が有ったようですね。
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://takeride.blog.fc2.com/tb.php/210-097a1f3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。