スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

SBK、2014年

『SBK、2014年ドルナの戦略』

★簡単に言うとSBKの方向性は狭められ、インフロントを買収したエスペレータ(ドルナCEO)は「スーパーバイクのプロトタイプクラスは無くなるであろう」と明言。

★2014年からはスーパーバイク、スーパースポーツ、そして250cc市販車からなる3クラスのみとなる。新クラスに付いての詳細はこれ以上は分かっておらず、この排気量で既に生産されているものなのか(例えばNinja 250/300、CBR 250等)、またはモト3の標準仕様のみとなるのか…。しかしドルナは以前から考えていた様に、より多くの種類のバイクが参加できる可能性を採用するだろう。

★実際、新スーパーバイクは現在のストック1000に非常に近いものになるか、でなければ標準仕様と言う事もありえる。同じ事がスーパースポーツにも言え、4気筒の小排気量エンジンになるべく手を加える事が出来ないルールを採用する等々。

★標準仕様ドルナの戦略はシンプルで、チャンピオンシップの価値を落とす事無く、既に機能しているスキームを採用したいのだ。

★3クラスに縮小させる事はTV放映権を売る為にも有利。現在のSBKは専門チャンネルを除き最高峰クラスのレースしか放映出来ず、残りはWebかダイジェスト版のみ。

★ルールを更に厳しくする一方で2つの目的がある。一つはコスト削減、もう一つはスーパーバイクを出来る限りディーラーで扱っているバイクに近づけることで、2輪の最高峰モトGPの役割を保つ。

(日本語翻訳:MOKU / 伊語記事:2013年01月07日 motosprint記事より抜粋)

 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://takeride.blog.fc2.com/tb.php/243-dd10faa1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。