スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

スズキ 2013年テスト参加

ホンダ・ヤマハ・ドゥカティに立ち向かう!

gsx-r10001.jpg


★先のセパンテスト開催中、青木宣篤氏が『MGN』サイトに対し、2月末にスズキ1000モトGP機が登場したことを認めた。なお同機は、昨年、日本でのテストが続けられていたマシンに比べシャーシが刷新されている。また、2013年よりスズキでは少なくとも3回のテストに参加し、ホンダやヤマハ、ドゥカティに立ち向かっていく意向だ。

★日本国内でのテストが順調ならば、6月中旬のバルセロナGP後に予定されているテストに参加し、同機のヨーロッパデビューを果すこととなる。なお青木氏によれば、その後、アラゴンでもテストを行ない、また、9月のミザノGP後テストにも参加する予定。そして引き続きムジェッロでプライベートテストを行なう可能性もあり、11月恒例であるヴァレンシア最終戦後のテストも控えている。


★青木宣篤氏が『MCN』に次のようにコメント。
「同機のフィーリングは最高です。エンジンパフォーマンスは上々だし、シャーシの感触も非常にポジティブなものでした。改善すべき点がどっさりあるのは確かですが、ベースとなるパッケージは大変上出来です。僕は少し懸念してたんですが…プロジェクトにおけるモディファイがかなりの量だったもので…時にはそれが問題点になってしまうこともありますから。ただ、再興の作業をこなしてくれて、心底驚いています。モトGPでは電制システムが全てであり、スズキには2年のブランクがある。つまり、この分野においてホンダやヤマハ、ドゥカティとは大きな格差があると言うことであり、この溝を埋めていかなければ。ブリヂストンタイヤも年々改善されてきているんで、電制とタイヤの各要素のコンビネーションが今後のスズキの進む道を決めていくことなります。」

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:2013年03月06日 MOTOGRANDPRIX記事より抜粋)

 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://takeride.blog.fc2.com/tb.php/263-0a0cae7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。