スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

謝罪を拒むなんて自慢にならない!

ロレンソ沈黙を破る


★ヘレスGP決勝レースの数時間後、ホルヘ・ロレンソがCadena SERの『El Larguero』放送で遂に沈黙を破った。

【気持ちは静まった?】ええ、そうですね。何時間か前に落着きました。すぐ静まるタイプなんですよ。

diarioas-lorenzo.jpg


【マルケス選手と握手すべきだった?】ライバルと握手しないとか、謝罪を拒むなんて自慢にならない事だけど、正直、頭に血が上ってたもんだから。(あそこで握手したら)ちょっと偽善者っぽいでしょ…僕は常に誠実であるよう心がけてるんで。良い事じゃないと思いつつ、でも気持ちが静まってなかったから。もう少し学んだ方が良いなんて批判してくる人達だって、ああ言う状況では同じような態度を取るでしょ。僕のミスはそこですよ…この世界じゃ、政治的に適切な振る舞いをしなければ…あの瞬間、それをしなかったのが誤りでしたね。

【マルケス選手に会ったら、話をする?】ええ。今までとは違うだろうけど。いつも言ってた事だけど、マルケスは非常に優秀なライダーで、もう優勝を狙って来るだろうって…凄いチームに居る事で後押しもしてもらえるだろうし…ただ、やっぱり素質がなければあんな風にはできませんけどね。ダニ(ペドロサ)のライディングとは違うタイプですよね。僕が125ccデビューをした頃は、やはりミスも多かったし、多くの選手を転倒されてしまって…自慢にならない事だし、僕はミスから学びましたよ。今、26才で、多くの学びを経て、物の味方も変わってきました。時速300kmで走ってケガはしたくないでしょ。

(Source:2013年05月06日Diario AS記事より抜粋)

 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://takeride.blog.fc2.com/tb.php/279-5dc16067
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。