スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

クラッチロー、初ドゥカティ

ヴァレンシアテスト最終日、ドゥカティライダーとなったクラッチロー選手のコメント

gpone-ducati-cal.jpg


★ドゥカティに移籍したカル・クラッチローがヴァレンシアテスト3日間を終え、次のようにコメント。
「今日は皆でマシンをあちこち何度もひっくり返してみたけれど、何も変わらなかったっすね。実は、2ヶ所ほど改良してみてくれたんだけど…改悪でした。

自分の意見はまったく何も変わってないっす…他の選手全員と同じっすね。短所に関しては全員一致。長所もあって、例えばブレーキングとか…ただし限界もかなりありますね。

別になにか秘密を暴露してる訳じゃない…まさにダッリーニャエンジニアが言ってた事でしょ。セパンテストではもっと違うマシンに乗れるよう期待してます…100%じゃなくてもね。大々的な変革が必要な事は皆わかってるけど、時間との戦いになるし、完全に新たなマシンにするには充分じゃないでしょ。
【開発の優先順位は?】ノーコメントっす(笑)。

(無駄なテストではなかったとし、)情報収集やチームとの親睦を深めるのに役立ちました。最終的なタイムは重要じゃない…もっと速くもできたけど、危険は冒したくなかったんで。自分の基準タイムはドゥカティの他の選手のと並んでるし…もちろん、ヤマハ機でのようには速くないっすけどね。

【この冬、ルーシーさんと式を挙げるはずだが…】いつかは教えませんよ。もしかしたらレースの最中だったりして。」
(Source:2013年11月13日 Gpone記事より抜粋)

 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://takeride.blog.fc2.com/tb.php/332-aaba90ae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。