スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

motoGP Ducati

ドゥカティ・チームは2014年モトGPクラスにOpen機で参戦!!



ducati-corse.jpg

★カル・クラッチローおよびアンドレア・ドヴィツィオーゾは、デスモセディチ14『Open』機で参戦する。

★同『Open』機選択によりドゥカティは2014年シーズンを通し、最大限自由な開発が可能となる。

★ドゥカティ・コルセでは1年を通し常に、更に戦闘力を高めるべくデスモセディチ14機の開発を続けていく。

★ドゥカティ・チームは本日、2014年ロードレース世界選手権モトGPクラスに『Open』機でエントリーした。

★今年、モトGPクラスに導入された新レギュレーションによれば、各メーカーは『Factory』機と『Open』機の2種からの選択が可能。

★『Factory』機も『Open』機も同選手権にエントリーした全マシンは、マニェティ・マレッリ製のワンメイク電制システムを搭載しなければならない。また、『Open』機にはドルナ/マレッリより提供されるソフトウェア使用が義務づけられるが、レギュレーションによればエンジン開発においては最大限の自由が許されている。

★両オプションを入念に検討した結果、『Open』機は今シーズンを通しマシンおよびエンジン開発の継続が可能であり、当メーカーの現在の必要に合致しているとしそれを採択した。

★今回のセパンテストでは、ドゥカティ・ワークス選手であるカル・クラッチローおよびアンドレア・ドヴィツィオーゾから、当チームのエンジニアおよび技術陣にポジティブなフィードバックが提供され、これにより2月28日付けで両選手とも2014年シーズンをデスモセディチ14『Open』機でエントリーした。

★ドゥカティ・ワークスのサードライダーであるアンドレア・イアンノーネ(プラマック・レーシングチーム)は、ドゥカティ・ワークスチームの両選手と同様のGP14機で参戦する事となる。

★ルイジ・ダッリーニャ(ゼネラルディレクター)のコメント。
「新テクニカル・レギュレーションを入念に検討した結果、現段階では『Open』機がドゥカティにとって最も興味深いコンフィグレーションであると言う結論に達しました。今年は当マシンの戦闘力を高めるべく開発を続けていかねばならず、『Factory』機は当方の必要に対しあまりに制限があり過ぎるるように思われました。マニェティ・マレッリおよびドルナから提供される電制パッケージは最良のものであり、よってマシンおよびエンジンのおもな機能に対し適切な処理ができるものと信頼しております。」
(Source:2014年02月28日 Ducati Corseサイト記事より)

 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://takeride.blog.fc2.com/tb.php/352-1e38ef20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。