スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

NC700S Dual Clutch Transmission<ABS>

ホンダは、力強いトルク特性で扱いやすく燃費性能に優れた大型ネイキッドモデル「NC700S」に、有段式自動変速機のデュアル・クラッチ・トランスミッションを搭載した「NC700S Dual Clutch Transmission<ABS>」をタイプ追加し6月14日(木)より発売すると発表した。
moto_news12060703.jpg

このNC700S Dual Clutch Transmission<ABS>は、ホンダが二輪車用として独自に開発した変速機構のデュアル・クラッチ・トランスミッションと、アンチロックブレーキシステムを採用したモデル。走行モードは、マニュアルモードとオートマチックモードが選択でき、簡単な操作でダイレクト感のある走行フィーリングを味わうことができる。
力強いトルク特性と優れた燃費を実現した水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒700ccエンジンに、伝達効率に優れたデュアル・クラッチ・トランスミッションを組み合わせることで、燃費は6速マニュアルミッション仕様と同じ41.5km/L(60km/h定地走行テスト値)を達成している。
スタイリングは、シンプルでありながら、ダイナミックなプロポーションを実現。エンジンとフレームの機能美を際立たせながら、フロントからリアまで流れるようなフラッシュサーフェス処理を施した低重心フォルムは、先進のネイキッドモデルにふさわしいものとなっている。

「ニューミッドコンセプト」シリーズは、今回のNC700Sと「NC700X」のタイプ追加によって、NC700Sシリーズ、NC700Xシリーズ、「インテグラ」の全ラインアップが完成し、幅広いユーザーの要望に応えられるものとなっている。


■NC700S Dual Clutch Transmission<ABS>の主な特長
●伝達効率に優れた第二世代のデュアル・クラッチ・トランスミッション
ホンダが二輪車用として世界で初めて開発し「VFR1200F」に搭載したデュアル・クラッチ・トランスミッションに対し、油圧回路のシンプル化を図るなど、さらに軽量・コンパクト化した第二世代へと進化。走行モードには、状況に応じて的確なシフトアップ/ダウンを自動的に行う「ATモード」、マニュアルトランスミッション感覚でシフトスイッチにより任意に変速できる「MTモード」を設定。ATモードには、一般走行に適した「Dモード」と、スポーティーな走行に適した「Sモード」があり、Dモードはライダーの操作から、市街地や峠道などさまざまな走行環境を判断することで、最適な変速制御を実現する。さらに、ATモード走行中にも「シフトアップ/ダウン」スイッチで変速が可能であり、走行状況に応じた最適なタイミングで「ATモード」に自動復帰する機能も設定している。これらの先進機能の採用で、利便性が高く、かつダイレクト感のある走りを楽しむことができる。なお、優れた伝達効率によって、燃費は6速マニュアルミッション車と同じ41.5km/L(60km/h定地走行テスト値)を実現している。


●カラーバリエーション
パールサンビームホワイト、マグナレッド、グラファイトブラックの3色を設定する。




NC700S Dual Clutch Transmission<ABS>
701,400円(消費税込)

※価格には(リサイクル費用を含む)保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれない
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://takeride.blog.fc2.com/tb.php/90-e8480657
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。