スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

Tech3チーム:ブレーキ代は…誰かが払う

今日、この話題でちょいウケましたので遅ればせながら記事を上げておきます。

dovi-crutchlow-brembo.jpg

ムジェッロでのドゥカティ・テストに加え、Tech3チームのブレーキ物語がちょっと前の話題の1つになっていた。
己のM1機にブレンボの最新キャリパー&パッドを装備するため、アンドレア・ドヴィツィオーゾが自腹を切ったのではないか…それも5万ユーロ(約480万円)と言う金額を。
そんな噂が広がる中、今度はカル・クラッチローが《一銭も払わないぞ宣言》をしてきたのだ。
「モトGPって言うのはクラブレースじゃないんだから。」と。そして、そのクラッチロー選手もまた誘惑に負けたのだが。当然のことながら、評判のユーモアセンスの方は健全だが。
「いくら払ったかって?そうですねぇ…え〜と、皆さんが10人ほどなわけだから…インタビュー代ってことで1人5千ユーロずつ出してくれたら足りますかね。まだ誰が払うか分からないんすよ…どうも自分っぽいんすけどねぇ。多分、シーズン末には逮捕されちゃうのかもね。」

それ自体のパフォーマンスと言うよりは、ブレーキングでの手応え故にクラッチロー選手も投資する気になったようだ。

「キャリパーとパッドは約25%増大ってとこですね…1000ccみたいなマシンでは何が違ってくるかって言うと…もっと速くなるし、ブレーキングが難しくなるんですよ。ただ、これのおかげでレースに勝てるってことにはなりませんけどね。ミスのマージンが少しだけ増えたってだけでね。」

同件の支払いに関し、アンドレア・ドヴィツィオーゾの方は言葉少なに否定してみせた…皮肉な笑顔を浮かべながら。

「それほど大きな違いはないですよ。レバーのフィーリングぐらいですかね。去年、HRCで同じブレーキを使ってたんですよ。こっちの方が使い慣れてるし、僕にとってはより確実なもんですから。」

深まる謎は…ヤマハとTechを結ぶ関係により、プライベートチームの選手らにとってヤマハと言うメーカーが唯一の調達元になっていると言うことだ…ブレーキを含めて。つまり、Tech3では予算ゆえに選手にブレーキを買い与えなかったわけではなく、契約上不可能だったのでは。

とにかく支払いは残っているわけだ。このご時勢、いずれモトGPも債権取立て会社を設立することになるのではないだろうか。


(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Gpone 2012年05月31日)

結局の所、誰が払うのか・・・気になりますね(笑)
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://takeride.blog.fc2.com/tb.php/94-1c51b679
管理人の承認後に表示されます
2012/ 06/ 18( 月) 19: 15: 56|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。